試験科目:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


試験科目

社会保険労務士試験は、毎年1回、8月の下旬頃に行われます。
試験は午前中が「選択式」で午後が「択一式」となっています。


試験問題は、10科目から作られており、単独の科目で問題が作られる場合と、
2つの科目から問題が作られる場合があります。

では、実際にその10科目を見ていくことにします。


社会保険労務士試験に出題される10科目

労働関係科目では、「労働基準法」、「労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、
雇用保険法」、「労働保険徴収法」、「労務管理その他の労働に関する一般常識」があります。

社会保険関係科目には、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、
社会保険に関する一般常識」があります。


社会保険労務士試験は法律の試験であるので、
法律の解釈や判例、法律上の数字などを中心に問題が作られています。

一般常識の科目は、いくつもの法律から出題されたり、
「厚生労働白書」といった労働経済や年金の動向といったテーマでも出題されることがあります。


試験科目が多くて勉強は大変なのですが、これらの試験科目は、
社会保険労務士となった後の実務においても頻繁に関わってきます。

苦労して勉強したことは必ず実務で活きてきます。

社会保険労務士試験

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ