模擬試験:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


模擬試験

6月から7月にかけて「社会保険労務士試験」の「模擬試験」が行われます。
私も、「TAC」の模擬試験を3回受験しました。

第1回は、選択式のみの問題が出題される「選択式模試」で、
第2回は「中間模試」、第3回は「公開模試」でした。

中間模試と公開模試は、午前中が選択式で午後は択一式であり、
これは本試験と全く同じ形式でした。


「通信講座」では、模擬試験についても会場受験と自宅受験を選ぶことができました。

管理人の場合は、模擬試験だけは会場で受験することにしました。
自宅だとどうしても臨場感に欠けるからです。

やはり、本番と同様な雰囲気で受験する事も、大事な試験対策です。


他の予備校の模擬試験の内容は気にするな!

「模擬試験」はどの予備校も6月初旬から7月下旬頃まで行われますが、
この時期は、自分が利用していない予備校の模擬試験の内容等も気になると思います。

実際、管理人も腕試しとして色々な予備校の模擬試験を受験したくもなりましたが、
衝動を抑えて、自分が予備校の模擬試験だけ受験する事に集中するのが良いと思います。


無理して多くの模擬試験を受験すると、日程も過密になり体力的にも厳しいと思います。

また、模擬試験はただ受ければ良いのではなく、その後の復習が重要になります。
受験しすぎると、復習が消化不良になってしまいます。


「模擬試験」は、「選択式」も「択一式」も
足切りに合わないように意識して臨めば、必ず結果はついてくるはずです。

仮に判定がA判定やB判定を取れなくても、
その後本試験まで全力で勉強すればまだまだ実力は伸びます。

本試験直前期対策

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ