答案練習:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


答案練習

各科目の講義が終了した後のにかけては、「答案練習」が行われました。
「TAC」の答案練習には、「実力完成答練」と「総合答練」の2つがありました。

6~7月は、時期的には本試験直前期にあたります。
すでに「基本テキスト」は何度も読んでいますし、「過去問」での問題演習もこなしている頃です。

あとは、「答案練習」で実力をつけて、本試験に合格するレベルまで高めていく事になります。


答案練習のレベルと弱点克服

「答案練習」のレベルは、「実力テスト」よりも高いです。
しかも、「過去問」では出題されていないような問題も「本試験の予想問題」として出題されます。

管理人の場合は「答案練習」を解きながら、自分でも意外な盲点をつかれた時もありました。


雇用保険法」でのことです。
それまで、簡単に解けたような問題も、問われる角度が違うと分からなくなってしまったのです。

結果的に、自分でもがっかりするほどの点数を取ってしまいました。
正直焦りもありましたが、これは自分の弱点を見直し、もう一度知識の整理をするチャンスになったと思います。


ちなみに、「答案練習」は、「TAC」の受験者数全体の順位が毎回出ますので、
おのずからモチベーションは高くなります。
また、これを通して、本試験直前期の自分の実力が客観的に判断する事が出来ました。

本試験直前期対策

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ