TACの教材の使い方:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

「TACの教材の使い方」の記事一覧

「TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記」の「TACの教材の使い方」のカテゴリ記事リストです。

基本テキスト

社会保険労務士試験の受験生にとって、基本テキストは最も重要です。TACに限らず、どの予備校でも基本テキストは、力を入れて作成されており、勉強開始から本試験、そして実際に実務を行う時でも役立ちます。

基本テキストの全文を読む

暗記カード

TACのカセット通信講座の「暗記カード」について。暗記カードは、「労働保険関係科目」と「社会保険関係科目」の2冊あり、試験で問われやすい重要項目の穴埋め問題をしていくことができます。

暗記カードの全文を読む

ミニテスト

TACのミニテストは、講義が終わるたびに講義の内容を確認するための小テストの事です。これに取り組むことで基本テキストの重要語句を覚える等の基礎力が養われます。

ミニテストの全文を読む

実力テスト

TACの実力テストについての解説です。実力テストは2科目か3科目の講義が終了するごとに行われ、選択式や択一式の本試験と同じような様式で問題が作られています。

実力テストの全文を読む

過去問題集

TACの「過去問題集」は、過去5年間の本試験で出題された問題を「選択式」、「択一式」とそれぞれ掲載されてあります。講義が終わり「基本テキスト」での復習をやった科目については、どんどん過去問を解いていくと実力がつきます。

過去問題集の全文を読む

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ