社会保険労務士の講座のスケジュール:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


社会保険労務士の講座のスケジュール

社会保険労務士の講座のスケジュールは、予備校によってもまちまちですし、
同じ予備校であっても「受講コース」が違うと、スケジュールが異なる場合もあります。

短期間で合格を目指す「速修コース」は講座が始まる時期も遅くなります。


ここで重要なことは、早い時期に講座が始まることが必ずしも良いことではないということです。

例えば6月に講座の授業がスタートし、翌年の8月に行われる社会保険労務士の
本試験を受けるというのはあまり良いとは思いません。

理由は2つあります。


早い時期に講座受講するのが良いとは言えない理由

まず、人間の集中力はそれほど続かないからです。
あまりにも早い時期のスタートは、余裕を通り越してむしろダレてしまうことがあります。

不幸にして不合格の場合は、もう一度再スタートが切れるのですが、
初めての受験の場合は集中力が持続しても1年が限界かと思います。


もう1つの理由は、社会保険労務士試験の特徴と関係があります。

非常に法改正が多い試験であるため、
法改正の情報をきちんと載せたテキストが良いテキストになります。

そのため、ギリギリに完成するテキストを使った講義は、それほど早い時期には始まれないのです。


ちなみに私が受講した「TAC」の「総合本科生」は、
9月下旬ぐらいから授業が始まり、翌年の4月下旬頃に講義が終了しました。

その後、本試験前まで、「答案練習」や「模擬試験」が行われました。
これぐらいのペースのスケジュールが妥当だと思います。

通信講座

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ