受講の費用:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


受講の費用

社会保険労務士の通信講座にかかる費用も、予備校によってまちまちです。
5万円ぐらいから受講できる講座もあるようですし、30万円以上かかる講座もあります。


ちなみに私が受講した「TACのカセット通信講座」は20万円ほどかかりました。
しかも私は、この費用は一括で納めました。

私にとって20万円は高額でしたので、これを一括で納めた時には、
これでもうあと戻りできないな」という気持ちになりました。


通信講座の受講料は妥当なの?

今思いますと、この金額は妥当な額であったと思います。
なぜなら、「TAC」の講義は、講義の質、時間数と、とても充実した内容だったからです。

また、「基本テキスト」、「暗記カード」、「過去問題集」と
教材も見やすく、使いやすい内容で作られていました。

アウトプットである、「実力テスト」、「答案練習」、3回の「模擬試験」も含めての
この金額ならば、決して高くないと思いました。


結果として、「TAC」の通信講座を利用することで、
一年弱という短期間で、社会保険労務士試験に合格することも出来ました。

きちんと、結果も伴っていますので、管理人的には満足しています。


値段だけで判断するのは危険?

管理人が思うに、予備校選びのポイントとしては、
決して、講座の値段だけを基準にしないほうが良いかと思います。

というのも、安い本講座だけでは足りなくて、
色々なオプション講座を受講しなければならず、かえって高くつく場合もあるからです。


費用を安く済ませたいなら、予備校によって「キャンペーン価格」や「再受講割引」などで、
講座の値段を下げている場合もありますので、そうしたものを利用するのが良いでしょう。

また、会社員の方は、雇用保険の「教育訓練給付金」を利用するのも、
受講費用の負担を軽くする方法だと思います。

通信講座

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ