ダブルライセンス:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


ダブルライセンス

社会保険労務士の資格だけでももちろん業務を行うことができますが、
他の資格も持っているとさらに業務の範囲が広がります。


例えば「行政書士」という国家資格を取得すれば、
会社設立に関する事務とや飲食店営業許可申請等を行うことができるようになります。

法人の設立に関わることができれば、その後の流れとして「社会保険労務士」の業務である
社会保険の加入や各種届け出などの仕事も、貰いやすくなるはずです。

このように、社労士以外にも他の資格を取得すれば、
さらなる顧問先の開拓にも繋がるわけです。


税理士と社会保険労務士の組み合わせ

ダブルライセンスでも、特に「税理士」と「社会保険労務士」の組み合わせは、
まさに最強とも言える資格の組み合わせです。


なぜなら、この組み合わせは、労働保険の年度更新や社会保険の定時決定、
税金の年末調整など、中小企業における一年間の業務を網羅することができるからです。

会社にとっても、こうした資格を持った人材と契約できれば、
より心強い存在だと思われること間違いありません。


その他にも、「ファイナンシャルプランナー」の資格を取得という方法もあります。

ファイナンシャルプランナーの資格があれば、生命保険や投資等に関する業務も行う事ができ、
「社会保険労務士」の年金知識を加えれば、老後の人生設計の手伝いもすることができます。


このように、社労士という資格は「ダブルライセンス」で業務拡大に繋がるのです。

社会保険労務士の仕事

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ