勤務社会保険労務士:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


勤務社会保険労務士

開業社会保険労務士」が、個人事業主であるとすれば、
「勤務社会保険労務士」は会社の従業員のようなものです。


「勤務」というように特定の会社に勤務しているのです。

ただしこの場合は、自分が働いている会社以外の会社の
社会保険労務士業務を行うことは禁止されています。


例えば、金融機関に勤務して年金相談業務を行っている社労士もいれば、
企業の総務部に配属されて、その会社の従業員に関する
労働保険や社会保険の手続きをしている社労士もいます。


民間企業で働く労働者には、「労働基準法」という法律が適用されます。

こうした法律に精通している「社会保険労務士」は、
労使間のトラブルを未然に防ぐ意味でも会社にとっては貴重な存在なのです。


また、「社会保険労務士」の署名がされている書類は、
役所によっては一部添付書類を省略できる場合があるようです。

このように会社にとっても、「勤務社会保険労務士」を抱えることはメリットが多いのです。

会社によっては、社労士に対して、「資格手当」を支給したり、
都道府県の社会保険労務士会に納める会費を支払ったりする場合もあるようです。

社会保険労務士の仕事

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ