開業社会保険労務士:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


開業社会保険労務士

社会保険労務士試験に合格し、2年間の実務経験のある人は、
全国社会保険労務士連合会に登録します。

そして、登録と同時に各都道府県の社会保険労務士会に入会しなければなりません。


実務経験が2年間ない人でも事務指定講習を修了すれば、実務経験があるものとして扱われます。

実務経験がない人が社会保険労務士試験に合格した場合、
すぐに登録をしたければ「事務指定講習」を受けるのが一番近道だと思います。


こうして、社会保険労務士会に「開業社会保険労務士」として登録すれば、
事務所を経営することができます。

よく「○○社会保険労務士事務所」とか「××労務管理事務所」という
名称を聞いたことがあるかと思いますが、独立開業すれば、立派な個人事業主です。

事務所を構えて顧問先の会社と契約を結び、社会保険労務士業務を行うことができます。


独立開業と業務拡大も見込めます

独立開業したばかりの頃は、事務所も自宅でやるケースも多いようです。
また、経費もあまりかけられないのですべての業務を自分一人でこなす必要があります。

仕事が軌道に乗ってきて顧問先の会社が増えてくると、一人ではこなせなくなってきますが、
開業社会保険労務士の場合は、事務員を雇っていけばさらなる業務の拡大も望めます。

社会保険労務士の仕事

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ