合格発表:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


合格発表

社会保険労務士の本試験は8月の下旬ですが、合格発表は11月上旬にあります。

管理人の場合、その2ヶ月半の期間は、そわそわとした気持ちでいっぱいでした。
本試験後には、「TAC」でも本試験の解答を出してあり、それで答え合わせをしてはいました。

一応、「選択式」も「択一式」も足切りにはなっていないようでしたが、
合格発表までは気が気ではありませんでした。


合格発表の当日

合格発表の当日は、インターネットで合格していることがわかりました。
自分の受験番号を見た瞬間の喜びは、嬉し過ぎてうまく表現することができません。

この事は、すぐに、家族へ合格したことを電話で伝えました。

私ががんばっていた姿を見ていた家族は、とても喜んでくれました。
その日は家族そろって、レストランで合格祝いもしました。


登録申請書が届く

合格発表から数日後に、合格の通知と合格証書、社会保険労務士の登録申請書などが郵送されてきました。

合格発表のあとも、暫くはあまり実感が湧かなかったのですが、
届いた合格証書を見て、やっと合格した実感がわいてきました。


そして、もう1つうれしいお便りが届きました。
これは、「TAC」から届いた「合格祝賀会」の案内の手紙でした。

以前から合格祝賀会なるものがある事は知ってはいましたが、
まさか自分が一年目で参加できるとは思いませんでした。

合格までの道のり

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ