問題演習に取り組む:TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る


問題演習に取り組む

社会保険労務士の「問題演習」をするにあたっていくつかのポイントがあります。
まずは、学習の初期であったとしてもガツガツと問題を解いていくことです。


人間はどうしても、テキストを何度も読んでから問題を解きたくなります。
しかし、問題を解いてからつまずいた部分を「基本テキスト」で確認した方が学習の効率は良いのです。

私は、「過去問を予習する」の記事で、「まずは過去問を解いてください」と言いました。
問題演習に取り組むのも、まさにそれと同じことです。


問題演習で使う教材テキストについて

次に、「問題演習」で使う教材は、ほぼ「予備校」から渡されるものだけで十分だということです。

受験生の心理として、他人が使っている問題集はすぐれたものに見えてしまいます。
そして、自分が持っている「問題集」だけでは不安になり、本屋さんでいくつも買い足してしまいます。

いかし、これでは、かえって「消化不良」を起こしてしまいます。


管理人は断言しますが、予備校が作成した「過去問題集」や「ミニテスト」などを信じて、
それらを何度も解くことが合格への一番の近道です。

それでもどうしても問題集を買いたくなったとしたら、1冊ぐらいは買っても良いです。
この場合は、一問一答形式の問題集が効果的ではないでしょうか。

「問題演習」の段階では、解けたとか解けないとかに「一喜一憂」する必要はありません。
それよりも、その問題を不正解と考えた「根拠」をきちんと理解しているかどうかの方が大切なのです。

オリジナル勉強法 社会保険労務士試験

▼今からでも間に合う!社労士の通信教育講座の一覧(資料請求は無料です


>>社労士の通信講座・通学講座の一覧を見る

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ