TAC社会保険労務士 通信講座の受講体験記サイトマップ

当サイトのサイトマップ

オリジナル勉強法」の記事一覧

  • 問題演習に取り組む
    社会保険労務士の「問題演習」をする上での注意点を述べています。オススメの学習法はまずは、学習初期でもどんどん問題を解くことです。教材テキストについては、予備校が作成した「過去問題集」だけで十分です。
  • 講義を聞いた後は復習する
    管理人は、社会保険労務士講座での講義を受けた後、必ず復習をするようにしました。復習は基本テキストを中心にして、サブノートは作りませんでした。
  • 講義
    TACのカセット通信講座を受けた際の管理人の体験談などです。講義を受ける際に気をつけるべきポイント等を述べます。
  • 過去問を予習する
    管理人は社会保険労務士試験の初学者には、通信講座を受講する前に最初に過去問を解いて頂くのが良いと思います。まずは社会保険労務士試験の雰囲気と全体像をつかむ事が大事です。

合格までの道のり」の記事一覧

  • 通信講座で勉強して良かったこと
    通信講座では社会保険労務士の資格を取得することは難しいと言う人も居ますが、管理人の場合は、試験勉強中も通信講座が通学講座よりも不利であると感じたことはありませんでした。むしろ、メリットの方が大きいと思います。
  • 合格祝賀会
    TACは、社会保険労務士試験の合格者へ「合格祝賀会」を催してくれました。その時の管理人の体験談です。
  • 合格発表
    社会保険労務士の合格発表は11月上旬にあります。ここでは、管理人の合格発表の当日の体験談や合格後に届く、登録申請書などについて述べています。
  • 本試験当日
    社会保険労務士の本試験を受けた時の管理人の体験談や感想などをまとめています。
  • 勉強中のモチベーションの維持
    社会保険労務士の通信講座は、独学で勉強しなければならないので、"孤独な戦い"でもあります。そういった中で、管理人がモチベーションの維持が出来た秘訣などをまとめています。

本試験直前期対策」の記事一覧

  • オプション講座
    TACは、本講座の他にオプション講座も用意されています。オプション講座とは、本講座とは別料金で特別な講義を受けられるというもので、「横断セミナー」と「一般常識セミナー」の2つの講座を管理人は受講しました。
  • 法改正対策
    社会保険労務士試験は、法改正が行われたばかりの内容を出題する傾向があります。管理人の場合は、法改正対策として、TACの法改正テキストを使って勉強しました。
  • 模擬試験
    TACの社会保険労務士試験の模擬試験について。管理人は、選択式模試、中間模試、公開模試の3回受験をしました。
  • 答案練習
    社会保険労務士の本試験直前の6~7月には、「TAC」の答案練習が行われました。答案練習には、「実力完成答練」と「総合答練」の2つがありました。

社会保険労務士の仕事」の記事一覧

  • ダブルライセンス
    社会保険労務士の資格だけでなく、行政書士や税理士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得すれば、さらなる顧問先の開拓にも繋がります。
  • 社会保険労務士の年収
    社会保険労務士の年収(給与)について。ここでは、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」のデータに基づき、解説しております。
  • 勤務社会保険労務士
    会社の従業員のように勤務している、勤務社会保険労務士について説明します。企業内で、年金相談業務を行ったり、総務部で労働保険や社会保険の手続きを行ったりする人が多いです。
  • 開業社会保険労務士
    開業社会保険労務士についての説明です。社会保険労務士試験に合格し、2年間の実務経験のある人は、全国社会保険労務士連合会に登録することで、事務所を構えることが出来るようになります。

社会保険労務士試験」の記事一覧

  • 問題演習に取り組む
    社会保険労務士の「問題演習」をする上での注意点を述べています。オススメの学習法はまずは、学習初期でもどんどん問題を解くことです。教材テキストについては、予備校が作成した「過去問題集」だけで十分です。
  • 合格者の年齢・男女別割合
    社会保険労務士試験の合格者の年齢別構成や就いている職業構成、男女割合などを示します。受験の参考にして下さい。
  • 試験の難易度(合格率)
    社会保険労務士試験の合格率は、およそ7-8%の難関資格です。試験には各科目において足切りの点数も設けられており、さらに、全体を通して、6-7割ほど正解する必要があります。
  • 択一式試験
    社会保険労務士試験のうち、択一式試験の概要を解説します。出題形式はマークシート方式で、問題は70問あり70点満点の配点です。
  • 選択式試験
    社会保険労務士試験の選択式試験の概要です。回答形式や出題範囲、出題形式と試験問題の配点などを解説しています。
  • 試験科目
    社会保険労務士試験は選択式と択一式の問題からなります。試験問題は、労働関係科目と社会保険関係科目の中の10科目から出題されます。
  • 受験資格は?
    社会保険労務士試験を受験するための受験資格についての説明です。「大学卒業」という学歴が必ずしも必要という訳ではありませんので、幅広く受験することが出来ます。

通信講座」の記事一覧

  • フォロー制度
    通信講座によっては質問カードや質問電話などのフォロー制度を設けている講座があります。こうした制度を使えば、内容を理解できるようになるとともに、簡単には忘れなくなります。
  • 社会保険労務士の講座のスケジュール
    社会保険労務士の講座のスケジュールについてのお話です。社会保険労務士試験は法改正が多い試験であるため、法改正の情報に基づいたテキストを使うという意味では、遅めの講座にもメリットは有るわけです。
  • 受講コースの種類
    社会保険労務士の予備校の受講コースについての説明です。TACの社会保険労務士講座の場合は、総合本科生、上級本科生、速修本科生の3つのコースがあります。
  • 受講の費用
    社会保険労務士の通信講座にかかる費用について。一般的に、5万円から30万円程度の講座が多いようですが、安い講座の場合は、色々なオプション講座を受講しなければならない場合もあります。
  • 予備校の選び方
    社会保険労務士試験を通信講座の選び方について。管理人が予備校(通信教育講座)を選ぶときに行ったアナログ的な方法とは?体験談を交えてご紹介します。
  • 独学か通学講座か通信講座か
    社会保険労務士の試験に独学で合格するのが難しいのには理由があります。ここでは、独学が難しい理由を解説するほか、通学講座と通信講座のメリット、管理人の体験談などを紹介しています。

TACの教材の使い方」の記事一覧

  • 過去問題集
    TACの「過去問題集」は、過去5年間の本試験で出題された問題を「選択式」、「択一式」とそれぞれ掲載されてあります。講義が終わり「基本テキスト」での復習をやった科目については、どんどん過去問を解いていくと実力がつきます。
  • 実力テスト
    TACの実力テストについての解説です。実力テストは2科目か3科目の講義が終了するごとに行われ、選択式や択一式の本試験と同じような様式で問題が作られています。
  • ミニテスト
    TACのミニテストは、講義が終わるたびに講義の内容を確認するための小テストの事です。これに取り組むことで基本テキストの重要語句を覚える等の基礎力が養われます。
  • 暗記カード
    TACのカセット通信講座の「暗記カード」について。暗記カードは、「労働保険関係科目」と「社会保険関係科目」の2冊あり、試験で問われやすい重要項目の穴埋め問題をしていくことができます。
  • 基本テキスト
    社会保険労務士試験の受験生にとって、基本テキストは最も重要です。TACに限らず、どの予備校でも基本テキストは、力を入れて作成されており、勉強開始から本試験、そして実際に実務を行う時でも役立ちます。

その他の記事一覧

「TAC社会保険労務士の通信講座の受講体験記」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ